女性とパソコンの画像
本文へスキップ

脳を活性化し、
より充実人生を。

内 容CONTENTS


五感ジムは、
「ブレインビルダーメソッド」を基づいて、
聴覚を刺激する色々なツールを使って
脳を活性化するサロンです。

脳を元気にし、
生涯現役で生きることを目的としています。



◇ブレインビルダーメソッドとは
集中してある種の音声を聴くことだけで、脳の汎化作用(様々な機能が強化されること)が促進されることが医学的にも実証されています。これを適用したのが「ブレインビルダーメソッド」です。




流れ

五感ジムでは各コースに関する書籍の内容を速聴手法で聴くことにより、メンタルブロック(考え方の癖)を破り、潜在意識に刷り込み、実際の行動に移しやすくします。


◇ コースの説明(初回来店時)
  コースについての説明
  
・自己啓発  ・ダイエット  ・ビューティ
  ・健康    ・アスリート  ・英会話   
 
  ※どれでも選べます。同時複数選択も可。活動報告写真





◇内容
  
@速聴(20分程度)
    
本を黙読しながら、パソコンで朗読CDを速い速度で聴きます。
  

  A ミラクルブレイン(10分程度)

    
集中して耳で聴くことを促し、集中力をつけます。
  ↓
  B 脳トレ
(15分程度)
    
脳トレドリルやパソコンの脳トレソフトを使い脳を活性化します。
  

  B本日の自己チェック

    
その日やったことを振り返って、チェックします。


新聞を読む女性の画像
 ※当サロンでは、
  テラヘルツ 健康有効波入り特殊CD
 「太古の記憶Ver.3.0.」
(下記参照)
  をBGMとして流していますので、
  リラックスしながら気持よく集中して
  受講できます。







@聴くサプリ、聴く治療器  太古の記憶Ver.3.0.

川のせせらぎ画像


  テラヘルツ
  ‐健康有効波入り特殊CD-






実は、人間の体は発光体です。赤ちゃんを見ると気持ち良くなりますね。赤ちゃんから発している電磁波の波長がこちらを気持ち良くさせています。

昔からどこか体が痛かったり悪かったりすると、手かざしと呼ばれている手を患部に当てる行為をします。誰がやっても手のひらから温かい熱を感じます。昔は赤外線と呼んでいました。

テラヘルツはNASAが最初に発見しました。過酷な条件下の宇宙船内で人が生存する為の必要な要素を調べたのです。その後、日本も含めてこのエネルギーの正体を研究してきました。それがテラヘルツと呼ばれる電磁波です。

現在は体に良い(元々人体が持っている)テラヘルツの周波数帯域が特定されました。テラヘルツとは周波数の単位の呼び名ですが、1THzは1秒間に1兆回振動することを意味します。その中で健康に良い周波数であると発見されました。
テラヘルツ波は遠赤外線より深く人体に入り込む

外部から体に良い有効波を入れると、元々体にあった周波数ですので、共鳴共振を起こし、変調した周波数を正常にします。「人間は血管と共に老化すると昔からいわれています」しかし、この有効波を受けていると、血管や赤血球が柔らかくなり変性能力が上がり、若さを取り戻すことになります。

弊社が開発した「太古の記憶Ver.3.0.」のCDにはテラヘルツの有効波以外に、重低音を含む周波数帯域のうち、脳を正常にする周波数を何種類か入れています。低い周波数にある有効波と非常に高い周波数のテラヘルツ有効波が両方入った、日本で最高の商品だと自負しているCDです。

当サロンでは、このCDを使っています。そして1人の例外もなく、喜ばれていることがあります。「集中力の維持」です。





テラヘルツの周波数帯














A高速リスニングシステム


脳の情報処理スピードを上げる

人間の大脳皮質の神経細胞は、約140億個と言われていますが、そのうち実際に使用されている神経細胞は数パーセントでしかありません。ですから、数パーセント以上の脳神経細胞を使いこなすことができれば、周りの人に「頭がいい」「頭の回転が速い」と言われる状態になるのです。

天才と称される人でも10パーセントほどしか神経細胞を使っていないと言われています。つまり、脳神経細胞を今以上使えれば「頭の回転が速い」人間になれるのです。そして、それを可能にするのが「高速音声リスニングシステム」です。高速リスニングの効果

では、「高速音声リスニングシステム」とは一体どのようなものなのでしょうか。それを説明するには、まず私達人間の頭脳の仕組みを知る必要があります。人間は、耳や目でとらえた情報を自然に頭の中で唱え、これによって視覚から入力された文章や聴覚でとらえた音声を言語中枢にある「ウェルニッケ中枢」で言語として理解し、大脳のネットワークを通じてその情報を記憶や知覚、認識、運動の領域に送ります。


この情報を頭の中で「唱える」行為を「追唱」と言います。情報の処理スピードは、この「追唱」の速度に比例します。つまり、「追唱」のスピードを上げれば、情報処理のスピードも上がるわけです。そこで、この「追唱」スピードを上げることで、情報処理能力の高い、いわゆる「頭の回転が速い」状態にしようというのが、「高速音声リスニングシステム」なのです。



Bあなたも聖徳太子になれるかも! ミラクルブレイン


耳を制する者は脳を制し、脳を制する者は体を制す!

人間の頭とコンピューターは構造的には似ています。人間の頭もコンピューターも同時に複数のことはできません。素晴らしい人間の脳と高度なコンピューターは、1秒の何分の1の速さで1つのことをし、次の瞬間に別のことをしているため、同時に複数のことをやっているように見えるだけです。

人間は普通、困難な複数の問題が短時間の間に起こるとパニックになり何もできません。その時、問題解決の糸口を見つけ、1つ1つ問題を解決すると結果として複数の問題を解決できます。

人はそれを奇跡と呼びますが、奇跡を起こす人は、全力で五感と知識、経験を使い、問題解決の糸口から結果までを、まるで一本の糸のように紡いでいるのです。そんな脳にあなたもなりましょう。「ミラクル ブレイン」は、そんな目的の為に作られた特殊なCDです。



ミラクルブレイン 言葉を聞き取る為の要素





C栄養分析システム 著作:予防医学分析研究所
  関西医科大学「健康創生ステーション」認証システム


食事の画像分子矯正医学理論とは

栄養分析システムHSA


ノーベル化学・平和の両賞を受賞されたイナス・ポーリング博士等が提唱した『医薬品をなるべく使わず必要な栄養素を補給・矯正することで自然治癒力を最大限に発揮させながら行う治療』。
現在、予防医学の最先端に位置づけされている生化学理論です。分子矯正医学の分野は、口から入った食べ物(栄養素)が細胞内でどのように代謝されるかをひも解いたものです。

栄養学との大きな違いは、細胞内での代謝メカニズムにあります。現在、木村穣教授を代表とする関西医科大学病院では、予防医学をシステム化し、『Selfcare-Health Signal Analyzer』システムで使用されています。

このシステム化に深く関わり、一般向けのHSA(ヘルスシグナルアナライザー)の普及をされている予防医学分析研究所の若狭良成代表が組織化された予防医学普及友の会に、五感ジムの支持母体である(有)明聖研究所が参画したことにより、大人のサロン 五感ジムでは、分子矯正医学理論の切り口から、お客様のヘルス(健康)、ビューティー、美肌、ダイエット、アスリート、キッズの分野の個人に合わせたあらゆる分野の訴求内容、異なった対象者に沿った栄養管理提案が可能になっております。



大人のサロン 五感ジム

〒792-0888
愛媛県新居浜市田の上1丁目15-43

TEL 0897-46-6660

(有)明聖研究所

栄養分析システムHSA